個人でも対応可能な景品
2017.05.24

かわいい袋「景品を業者に依頼する」
これがスタンダードな景品の用意の仕方になるわけですが…「業者間でなければならない」というイメージがあるものです。
しかし、時と場合によっては、個人レベルでも景品を依頼したい場合もあるかと。
今回、取り上げるテーマは、個人でも対応が可能な景品としてお話を進めていきます。

■自営業を営んでいる個人でも対応が可能な景品とは?

結論から言ってしまえば、個人だろうと業者だろうと、企業だろうと、景品を販売している業者は、何でも対応をしてくれます。
ただし、個人で依頼するとなると、企業などと比較するとどうしても小ロット単位になってしまうことが多いです。
となると、自営業を営んでいるような個人事業者が景品を依頼するとき、大量の景品しか用意できないようなものは、難しいと考えないといけません。

例えば、非常に細かいおもちゃの景品だった場合、1,000個1ロットのようなケースがあります。
基本的にはロット売りになるため「500個だけ発注」ということはできません。
つまり「景品としては個人・企業関係なく対応することが可能だけど、ロット売りが基本のため、数の関係で対応できない場合がある」。
これが個人購入のスタンダードなスタンスとなります。

■幼稚園など子供が喜ぶような景品も対応が可能

個人で景品を用意しないといけないシーンの代表的な例と言えば「PTAの人が幼稚園の景品を用意する」というもの。
例えば、運動会だったり、保護者参観だったり、入園式、卒園式。
このようなイベント時に、幼稚園とは別で、PTA個人として発注をするわけです。

では、どのような景品が対応可能となるのか?
答えは単純で「何でも対応することが可能」ということになります。
先程、記載した内容と同様の理由です。

ただ、幼稚園の景品は基本的に「おもちゃ」が多くなる傾向があります。
となると、おもちゃはロット単位の個数が意外と多い場合があるため、対応可能なアイテムが限られてしまうケースも。
であれば、他幼稚園、小学校なども巻き込んで調整をするという方法も(非常に面倒ではありますが)あります。

■大量購入ができない分…値段が高くなってしまうデメリットも

最後も「ロット」のお話になってしまいますが、個人でも対応可能な景品というのは、どうしても値段が高くなってしまいます。
理由は見出しに記載した通り、大量購入することができないため、値段が高くなってしまうからです。
景品を販売している業者は基本的には薄利多売の世界です。
したがって、数を出さなければならないため、少量発注はどうしても高くなってしまうわけです。
ここは覚悟をしておかないといけない部分になります。

▲ ページトップへ